ONE PIECEを読み進めていく上でキャラのレベルアップは常に気になるところです。

修行や覇気を身につけるという具合の実際に身体能力が向上するレベルアップと、道具によってキャラの能力を何倍にも引き出すレベルアップの方法があります。

麦わら海賊団だけでも

  • サンジ × レイドスーツ
  • ナミ x 天候棒(クリマタクト)
  • ウソップ x パチンコ玉
  • フランキー x コーラ

ウソップやフランキーは武器が多様で例外かもしれませんが(笑)

サンジやナミの場合は結果として飛躍的にレベルアップを果たしました。

そして、今回元々の実力をさらに飛躍させるゾロの武器が登場するような予感がします。

おいはぎ橋で牛鬼丸(弁慶の風貌)の発言によりゾロがリューマより引き継いだ刀「秋水」について次の様な発言をしています。

秋水は「黒刀」だぞ!リューマの歴戦にて成った

コレに対してゾロも反応します。

そして気になっていた事が有るようです。

このゾロも気にしていた「刀が成る」という意味について考察しました。

刀が成るとは使用することで刀が強くなる説

ここで「成った」という使い方について改めて考察してみます。

「成」についての言葉の意味としてはできあがる」「なりたつ」「そだつ」という意味があります。

順に追っていきます。

まず「できあがる」というパターンですが、これは使用していくことで刀が強くなるという説です。

将棋でも「歩」が敵陣地まで進めば「成金」となり「金」同様の動きが可能となります。

「歩」を敵陣地まで進ませるには色々な方法がありますが、共通して言えるのは将棋のコマを進めること。

つまり使用することです。

刀は元々、刀鍛冶職人が何度も叩いて強度を増していきますが、この使用するという事で刀がレベルアップするという説です。

ただ、この説は正直弱いと思っています。
というのも刀は本来、つかえば使うほど「刃こぼれ」を起こしたりし、消耗していくものだからです。

歴戦にて成った刀というのなら、どの刀も成れる可能性があるのです。

もっと有力な説が次です。

刀が成るとは悪魔の実を食べさせる説

次に「なりたつ」というパターンですが、成り立つはイコール契約が成り立つ。という様な使い方をします。

ONE PIECEでいう契約とはイコール悪魔の実の契約を指すと思われます。

泳げないという犠牲を引き換えに特殊能力を身につける事ができる。

つまり、刀に悪魔の実を食べさせるという説です。

実際に「物に悪魔の実を食べさせた」のが過去に登場しています。

ONE PIECEでイヌイヌの実「ダックスフント」を食べた銃ラッシー

引用元:ONE PIECEコミックス20巻 第184話”モグラ塚4番街”より

これが初登場した際は度肝を抜かれました(笑)

反則技な気もしますが、実際に刀に悪魔の実を食べさせることができればかなり戦闘力は上がりますね。

しかし、このイヌイヌの実を食べた「ラッシー」は犬として独自の意志があり、勝手に動きます(笑)

悪魔の実を食べた刀が眠っているだけ

という可能性もありますが、モノに悪魔の実を食べさせると悪魔の実の能力に合わせた形体に変化している可能性が高いので、説としては決定打に欠けます。

何より「モノに悪魔の実を食べさせること」ができるのはDr.ベガパンクの開発の結果であり、当時のリューマができたとは思えません。

期待はしたいですが、説としては決定的とは言えません。

そして残るのが次の説です。

刀が成るとは血を吸って妖刀になる説

最後に「そだつ」というパターンですが、育つというのは子供が育っていく。という様に刀自らが成長するという意味と捉えました。

つまり、日本の刀伝説でもある、人の血を吸っていくことで刀が妖刀になる説です。

オカルト地味てますが...

妖刀という定義が曖昧ですが、「妖気を帯びた刀のこと」を指します。

なので妖刀だからどういったパワーアップをするという具体的な定義はありません。

ゾロが「黒刀」ってのはまさか...

と言っていることから考察すると「黒」になるというは血の鉄分を吸って黒に変色する。

その鉄分が刀を更に強化する!

という説です。

あなたはどう思われますか?

ワノ国篇ではゾロがキーマンになることは間違いないね!

気に入ったらTwitterフォローお願いします

おすすめの記事