ONE PIECE(ワンピース)ネタバレ第934話"花のヒョウ五郎”について、

事前に知っておくと、より考察や今後の展開予想が面白くなる

という情報をONE PIECE好きの1ファンがお届けします。

週刊少年ジャンプのネタバレありになりますので、ネタバレ遠慮の方は先にジャンプを読んだ上、

この記事を読んで頂けると嬉しいです。

ONE PIECE(ワンピース)第934話"花のヒョウ五郎”のネタバレあり感想

ONE PIECE第934話”花のヒョウ五郎”ですが、ビッグ・マムは記憶喪失でも強さは変わりませんね(笑)

ビッグ・マム海賊団もキングに邪魔されてしまったのでワノ国に入ることができませんが、奇跡的に全員の無事が確認されました。

カタクリ海賊団とはならないでしょうが、ビッグ・マムの子どもたちがマムとどのタイミングでどうやって合流するのか。

ワノ国が荒れるポイントの一つとなりそうです。

そして、やはりカイドウビッグ・マムは過去仲間だったことが明かされました!

仲間だとは予想してたけど、結婚はしてなかったのかな?

四皇の2人が仲間ってことはロックス海賊団のクルーだった??

ガープが英雄になった点と繋がってきそう。

そして、今回のタイトルである花のヒョウ五郎はワノ国一の大親分でしたが、なんと囚人採掘場にボロボロの状態で存在していました。

この親分はキッドに対して義理を感じています。

ヤクザは「義理」を自分の命以上に大切にすると言いますから、キッドたちにとって大きな力になるかもしれませんね。

他にもわかった点としては

  • ロビンがスパイとして有能すぎる点(笑った)
  • ポーネグリフはブルックが発見した(ただし赤い石ではない)
  • 狂四郎という名はカン十郎も知らない
  • 小梅太夫は死んだとワノ国の話題に!葬式は明日
  • ユースタス・キッドは脱獄した(海楼石つけたまま)
  • ルフィは囚人のまま
  • QUEENがついに登場!

ルフィとQUEENの激突になりそうな予感で終わりましたが、来週はお休み...

ONE PIECE(ワンピース)第934話"花のヒョウ五郎”の考察

まず、気になったのはビッグ・マムとカイドウが戦うのか?という点です。

ここに関しては息子たちも敵同士が戦ったら「命は取るだろうな」と言っています。

どんな事をしてもしなないカイドウが命を取られるとしたら、ビッグ・マムのソルソルの能力によって寿命を取られるという展開!?

もしかして過去、ビッグ・マムは能力でカイドウに命を吹き込んでいた説!

カイドウの寿命をビッグ・マムが持てば無敵!!!

また、今回はワノ国の全体地図が公開されました。

個人的にはこの地図がかなり大きなポイントになると感じております。

ONE PIECEワノ国マップ

引用元:週刊少年ジャンプ2019年13号”ONE PIECE”より

まず、6つの里がそれぞれ大きな川で区切られ、土地毎に気候も違う点。

ポイントは天候が違うという点です。

天候と言えばナミの出番です。

見る限り北の墓場には雪が降っていたり、藤山には雪が積もっています。

この天候を操ることができればかなり強力な武器になるはず。

もしかして藤山が噴火する!?

という可能性も無きにしもあらずではないでしょうか。

日本に本当に似ているね。

この国の中で春夏秋冬がありそう。

また、カイドウが登場した際には雷雲だったのでカイドウも気候を操れるという説はまだ残っています。

そして、鬼ヶ島までどうやってたどり着くかが今後の焦点の1つになりそうです。

さらに気になる点としてゾロが海外の剣の掛け声としてモモの助に教えた「スナッチ」という言葉です。

スナッチというのは「九里」の古い方言にもその様な掛け声がある。

とお菊が言っています。

当然、ゾロが剣術を習った時に掛け声も習っていると想定されます。

ここで繋がったのはゾロの師匠である「コウシロウ」がワノ国の「九里」出身であるということになるのでは?

WCI篇ではサンジの過去、幼少期が徐々に明らかになりましたが、ワノ国でゾロの昔のエピソードが紹介されるという期待が膨らみます。

考察が止まらない。

ONE PIECE楽しすぎ♪

ONE PIECE(ワンピース)第935話の展開予想

今後ですが、ビッグ・マムも兎丼に向かっているので、囚人採掘場で一波乱ありそうですね。

QUEENとルフィがぶつかりそうですし、海楼石に繋がれたルフィのピンチにビッグ・マムが助け舟?
という展開もあるかも?

鬼ヶ島での決戦まで後9日ありますが、翌日には小梅太夫の葬式が行われる事になっています。

1日1日に大きなイベントが行われそうですし、何故決戦まで9日と933話で明記されたのか。

ここには海軍や黒船海賊団、赤髪海賊団、革命軍などなどの実力者たちがワノ国に集まるのに十分な時間となる事を暗示しているかもしれません。

頂上決戦では日数が足りなかった連中もいましたが、今回は役者が揃いそうです。

とは言っても、九里、希美、花の都、鈴後、兎丼、白舞。

それぞれの舞台で目まぐるしくワノ国の今後を揺るがす事件が起こりそうですね。

鈴後、白舞に至ってはまだ描写がありませんので楽しみしかありません。

ワノ国篇、控えめに言っても面白すぎる!

ワノ国編は常に復習しないと♪

気に入ったらTwitterフォローお願いします

おすすめの記事