ONE PIECE(ワンピース)第932話"将軍と花魁”はタイトル通り黒炭将軍「オロチ」と花魁「小紫太夫」を中心にした展開でした。

ニコ・ロビンは福ロクジュ率いる「オロチ御庭番衆」から逃げ切れたのでしょうか?

質問に対する回答は?

今回もテンポ良いストーリー展開です。

コミック派、ネタバレ嫌いの人は伏線考察ページをお楽しみください。

ONE PIECE(ワンピース)第932話ネタバレ

ONE PIECE(ワンピース)第932話”将軍と花魁”というタイトル通り、オロチと小紫太夫を中心としたエピソードとなります。

冒頭は小紫太夫が三味線を披露するところから始まります。

ため息が出るくらいに美しい音色を奏でる小紫太夫の三味線ですが、

美貌だけでなく、芸者としての技術がすごいですね。

しかし、この曲をやるときだけ面を使う理由が謎として残りました。

また、前回の931話を読んでいる方なら、福ロクジュたちに捉えられたロビンは逃げ切ることが出来たのかが気になったのではないでしょうか。

ロビンの回答次第で、苦しまずに瞬殺されるか、はたまた辛い拷問が待っているかという絶体絶命のピンチに対してロビンが出した回答は...

「丑三つ小僧」”花の都”のお金の流れを調べに来た。

と回答するロビンを御庭番衆たちは捉えようとします。

捉えられたロビンは...

まさか忍者顔負け「分身の術」を使って忍び込んでいたなんて!

分身じゃなかったら確実にアウトでした。

さすがに屋敷の外へ逃げるよりは同じ芸者が多い屋敷の中を選択したロビン。

オロチ将軍と小紫太夫とのやり取りではオロチがメロメロな事が分かります。

芸者は小紫太夫の裏の顔を知っていますが、美貌が全てカバーしてくれているみたいです。

そしてオロチ将軍は「赤鞘九人男」をとても恐れていることがこの話の描写で伝わってきました。

家来たちは全員死んだと楽観視していますが、オロチは伝説を信じています。

そんなオロチに対して大人たちは笑いをこらえるのに必死ですが、「おトコ」ちゃんが笑ってしまい...

それを止めようとする小紫太夫はオロチにビンタ!!

怒ったオロチ将軍はついにヤマタノオロチに変身し正体を表したところで932話は終わりました。

黒炭オロチ将軍のヤマタノオロチ描写がついに解禁されました!

大迫力ですが、このオロチ将軍を震撼させる赤鞘九人男、何より光月おでんが

いかに強かったかわかります。

ONE PIECE(ワンピース)ネタバレ第932話"将軍と花魁”の感想

さて、ONE PIECE(ワンピース)ネタバレ第932話"将軍と花魁”の感想ですが、まさか小紫太夫がオロチ将軍に手をあげるとは予想しませんでした。

小紫太夫はもっとオロチ将軍に対して手玉に取ると思っていました。

そして、オロチ将軍は小紫太夫にメロメロになって何をしても許される状態を作ってから反逆に出ると思いましたが意外な展開。

横綱浦島も女性を下に見ていましたが、
オロチ将軍も同様に女性を下に見ていますね。というより身分で判断するところが天竜人と少し似ていると感じました。

そして、おトコも重要キャラクターだと思っていましたが、まさかオロチ将軍の反感を買う結果になるなんて...

どのメンバーもバトル勃発の予感しかしません。

933話以降はどうなるんでしょうか?

ONE PIECE(ワンピース)ネタバレ第932話"将軍と花魁”の考察

屋敷内も大きく動きましたね。

オロチ&狂四郎&御庭番衆vs小紫太夫&ロビンという構図になっていくのでしょうか?

明らかにロビン側が不利なため、ここでナミやしのぶ、ブルックが加勢することになりそうですね。

今回は特に考察ポイントとして取り上げたのが小紫太夫がオロチ将軍に向かって宣言したシーンです。

引用元:週刊少年ジャンプ11号P112より

引用元:週刊少年ジャンプ11号P112より

小紫太夫の正体が分かるシーンだと感じました。

というのもモモの助の妹「光月日和」ではないかと思いました。

  • 妹、日和が20年間無事生きていたら小紫太夫くらいの年齢(26歳位)である
  • 誰にもへりくだらないという強い意志を持っている
  • 武士の娘と宣言している
  • モモの助とまだ会っていない女性である

上記が理由です。

尾田先生が、日和=小紫太夫だと読者に安易にミスリードしているような気がしないでもありませんが(笑)

徐々に全貌が明らかになっていくでしょうし、狂死郎が刀を抜くシーンで終わるので、どのくらい狂死郎が強いかも見ものです。

気に入ったらTwitterフォローお願いします

おすすめの記事